One Technology Japan、ロボットアプリをベトナムでオフショア開発

      2017/01/06

One Technology Japan、ロボットアプリをベトナムで開発~ソフトバンクロボティクス pepperベトナムへ上陸〜
ベトナムでのオフショア開発及びサービスの展開を行う株式会社One Technology Japan(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:河本直己)は、今後ソフトバンクロボティクス社のpepperのロボットアプリ開発に着手するため、パートナー会社のOne Technology Corporation(本社:ベトナム、ホーチミン市、代表取締役社長:グエン・ラム・タオ)へpepperを送りました。今後Pepper for biz向けのエンターテインメント、教育、会社受付アプリなどを企画しベトナムで開発してまいります。

[株式会社One Technology Japanについて] 2015年10月にベトナムオフショア開発事業、メディア事業を主な事業として創業。One Technology Corporationとパートナシップを結び、ベトナムの豊富で優秀なエンジニアが日本企業向けの様々なソフトウェア開発を行います。ベトナムオフショア開発の実績が10年以上ある経験豊富なブリッジエンジニアがプロジェクトを完全サポートし日本品質を担保した開発を心がけております。またベトナムでの自社サービスの開発及びアジア向けへのサービス展開をしております。

引用:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000020310.html

株式会社One Technology Japanのホーチミン現地社長のタオ氏は日系企業での開発経験が長く、様々な開発案件に対し、豊富な実績があります。そのため、対応の幅が広くあらゆる案件の依頼をワンストップで行えるのも大きな特長です。


アプリ開発が依頼できるオフショア開発拠点


One Technology Japanも提携しているBASEMAKEのアプリ開発企業一覧はコチラ